小山の民俗Q&A

Q7はきものはどんなの?

  A7


わらぞうり
ふだんのはきもの
  靴(くつ)がまだ,あまり普通の人々に普及していなかった頃には,人々はゲタやゾウリ,ワラジなどをはいて生活していました。中でもふだん多く使われたのは,ゲタゾウリです。ふだんはくゲタはコマゲタで,ゾウリはワラで作ったワラゾウリや竹の皮であんだガズソウリと呼ばれるものをはきました。



ござつきげた(たたみこまげた)
特別な日のはきもの
 
同じゲタやゾウリでも,ハレの日にはふだんとちがう上等なものをはきました。たとえば,ゲタはタタミつきのもの(ござつきげた)や桐ゲタなど,ゾウリはアサウラゾウリやセッタなどです。



ワラジ

その他
 
その他,遠くに出かけるときや山仕事のときなどは,ワラジをはいていました。



小山の民俗へ