網戸小学校 校歌
                                        大関 博  作曲  下総 皖一 作詞


 一 野路はるか 遠き山並み
   あたたかに 光流れて
   幸あふる この学舎
   ふくよかに 夢ふくよかに
   望み高く 生い立ちゆかん
   ああ 幸くあれ わが網戸小学校

 二 水光る 思い与良川
   清らかに 里をめぐりて
   草萌ゆる この川土手
   健やかに 身は健やかに
   心清く 努め励まん
   ああ 幸くあれ わが網戸小学校

 三 遠き世の 人の功おし
   美わしや いまに残りて
   ひらけいく とわの故郷
   たゆみなく 知徳求めて
   明日薫る 花と咲かなん
   ああ 幸くあれ わが網戸小学校
 

春の網戸小学校(満開の桜)
 
基本トップへ 
 
トップページへ
 
鵬の夕日
 この赤松の銘は、鵬(おおとり)といい、昭和59年に旧網戸小から移植されたものです。百数十年も生きていると考えられ、空を飛ぶ大きな鳥のような姿はとても素晴らしく、小山市内でも有名だと言うことです。