>
学校のしょうかい

創立 
明治7年(1874)1月15日

ケンポナシって なあに?

校庭にあるケンポナシの木は,学校ができる前からそびえていたと言われており,この古木は学校のシンボルとして、みんなから親しまれています。クロウメモドキ科の落葉樹で,高さ17mぐらいの高木です。木の皮は灰色。葉は長さ8〜15cmの大きさで,先にはのこぎりのようなぎざぎざがあります。初夏に小さな五弁花がたくさん咲きます。実は丸く,甘味があって食べられます。ヒヨドリ,シジュウカラ等のたくさんの野鳥がこの木で羽根を休めます。子どもたちはケンポナシの下のやすらぎ広場で,休んだり,遊んだりするのが大好きです。

日本初!
子供のための歩道橋「愛の橋」


 学校のすぐ横の国道4号線には,日本で初めて作られた歩道橋がかかっています。この橋は子どもたちの安全を守るため,当時の町長さん(菅沼良太氏)のアイディアで作られたもので,昭和37年の子どもの日に落成しました。町長さんは橋の完成を喜び「愛の橋」と名付け,詩も作りました。そして,親交のあった版画家の棟方志功氏はこの話に感動し、「愛の橋」の詩に自分の絵をそえたといわれています。本校の校長室にはこの作品がかかげられており,校庭の池にはそれをきざんだ石ひが建てられています。


「愛の橋」2代目


        棟方志功 版画             棟方志功作 石碑             菅沼良太氏の顕彰碑 


ほくらの壁画

 国道ぞいの長さ90mの壁には,いろいろな絵が描かれています。恐竜たちが仲良く遊んでいる姿や満開の桜の花を2年生の手形で表現したもの,学校の鳥セグロセキレイの絵など,バラエティーに富んだ壁画です。児童会が中心となって作られた,夢と楽しさいっぱいの作品です。これは2003年(平成15年)までの壁画です。

2004年からの壁画はこちらです。
130周年記念
計画
テーマ
原画
完成を祝う会


学習林は昆虫や植物がいっぱい!

 学校から歩いて5分のところに、1ヘクタールの広さの学習林があります。この学習林で季節ごとの野草の様子を観察したり,昆虫の生態を調べたりしています。生活科や理科の学習・クラブ活動などで利用しています。

残念ながら、長い間子どもたちが大切にしてきたこの羽川学習林も、
平成27年度をもって廃止することになりました。





羽川小学校のれきし

明治 7年    1月15日,「一貫学舎(いっかんがくしゃ)」としてそうりつする。
校舎はなく,民家を借りて勉強。児童数23人。
18年    校舎を建設する。
20年    「羽川尋常(じんじょう)小学校」と学校の名が変わる。
30年    桑尋常小学校」となる。
32    「尋常小学校西校」となる。
39年年    新築校舎が建てられる
40年    「桑第一尋常小学校」となる。
43年    「桑尋常高等小学校」となる。飯塚単級学校が分教場となる。
昭和16年    「桑村桑国民学校」となる。
22年    「桑村立桑小学校」となる。
31年    創立80周年記念式典を行う。「桑絹村立羽川小学校」となる。
36年    「桑絹町立羽川小学校」となる。
37年    日本で初めての歩道橋ができる。
全日本交通安全優良校受賞。 このころ給食が始まる
38年    全日本健康優良校受賞。全国学校環境緑化コンクール特選受賞。
40年    「小山市立羽川小学校」となる。
45年    創立95周年記念式典を行う。
47年    屋内運動場が完成する。
49年    創立100周年記念式典を行う。
50年    県指定研究実験校公開発表(創造性)。
52年    飯塚分校が廃校となる。 羽川小学校から羽川西小学校が分れる。
57年    「現在の校舎ができる。新校舎にて授業開始。プール,校庭・遊具施設が完成する。市指定同和教育協力校として、紙上発表する。校舎落成記念式典を行う。
58年    歩道橋「愛の橋」2代目設置
61年    市指定研究実践推進校の公開発表(算数、体育)
63年    「愛の橋」の歌発表会を行う。
平成 元年    築山(つきやま)が完成する。
羽川学習林開所式を行う。
3年    国道4号線防音壁(ぼうおんへき)にへき画が描かれる。
6年    「創立120周年記念式典を行う。学校史「あゝ一貫学舎」を出版する。
8年    「自然はともだち」コンテスト環境庁長官賞受賞。
9年    「自然はともだち」コンテストチームワーク賞受賞。
10年    県の学校緑化コンクールで優良賞受賞。コンピュータが入る。
11年    羽川小のHP(ホームページ)公開。
12年    国道愛護活動で「建設省関東地方局長賞」受賞。
13年    体育着が男女共通となる。
13年    小山市教委指定 道徳教育拠点校。(〜14年)
14年    学校評議員会発足。夏みかんの木植樹
15年    新規コンピュータ整備
創立130年記念(防音壁に新しい壁画)
小山市友好都市のケアンズ市より派遣生徒との交流(第1回)
17年    小山市友好都市のケアンズ市より派遣生徒との交流(第2回)
記念プレート設置及び記念植樹(フェイジョアの木)
20年    校庭土質改良工事
22年    栃木県給食優良校として表彰される。
全教室にデジタルテレビ設置
24年    太陽光発電パネル設置
25年    ジョイセフ(JOICFP)ワークショップを行う。
26年    栃木県学力向上アドバイザー派遣事業
27年    文部科学省人権教育研究推進指定校(1年次)



2015.12.15更新

引用文献「 あゝ一貫学舎 〜羽川小学校120年史〜」

ホームへもどる