2004年1月15日、羽川小学校は創立130周年を迎えました。児童会、PTA教職員、地域の方々との協力により、90メートルの壁画づくりにチャレンジしました。

きっかけは、奉仕作業

 奉仕作業で、四号線沿いの壁画を水洗いする6年生からわきおこった言葉です。「この壁画(120周年記念)描き直ししたいね。」
※※2001年の出来事でした※※ 

子どもが主役

壁画のテーマを決めたのは、児童会でした。各クラスで話し合い代表委員会で更に話し合いました。原画応募数70点。 2003年9月、在校生全員によるペインティングが開始され、10月半ばまで続きました。

地域の中の学校

 2003年6月、PTAの役員さん、町内理事さんによる壁の下地塗りが行われました。パステルカラーの黄、青、緑に変身。20世紀から21世紀への壁画作りが始まったという緊張感がただよいました。地域の方々の大きな支えを直接感じた時でもありました。

壁画作成の道
テーマ

計画

原画

完成を祝う会