学校課題研究計画


                                                                                                小山市立穂積小学校

      
1 研究主題

   「自他の人権を大切にし、思いやりをもって活動できる子どもの育成」
      〜 互いのよさを認め合える集団、授業の創造 〜

      

2 主題設定の理由


  (1)児童の実態から
    本校児童の学校生活における良い点として、以下の2点が挙げられる。
   @明るく素直な性格で、異学年の交流を良好に築ける児童が多い。
   A学校のきまりをきちんと守ることができる児童が多い。
     しかし、改善すべき点として、以下の2点が挙げられる。
   @自尊感情が低いため、課題の解決に消極的になってしまう児童がいる。
   A自己中心的な言動で、学級内でスムーズに活動を進めることができない児童がいる。
     このような児童の実態から、自他の人権が尊重される授業作りを中心に、身近な人権
    問題をはじめとする諸問題を正しく理解させていく。その上で、自分や相手の人権を
    大切にし、互いに思いやりをもって活動できる児童を育てていくことが必要であると
    考える。

   
3 目指す児童像

   【育てたい資質・能力】
   ・思いやりをもち、協力して活動できる子ども【知性】
   ・温かい人間関係を築ける子ども【感受性・技能】
   ・生活上の不具合や矛盾点に気づき、協力して解決していこうとする子ども【判断力】
   ・いじめを許さない強い心をもった子ども【実践力】



4 研究の仮説

   @人権に対する理解を深めさせたり、他者とよりよい関係を築くためのソーシャルスキル
    やコミュニケーションスキルを習得させたりすることで、児童の人権意識を高めること
    ができるだろう。
   A社会を生きる上で欠かせない基礎的な資質・能力を身に付けさせたり、異学年との
    交流や地域との交流を意図的に行わせたりすることで、互いに認め合える集団に
    進化していくだろう。
   B教職員が、研修や研究授業を通して自己の人権感覚を磨いたり、保護者に対する
    人権に関する啓発をしたりすることで、児童にとって、学校や家庭が自己有用感を
    高めていくことができる場となるであろう。

5 研究の方法と内容

   (1)人権が尊重される授業作り
     *「人権教育において育てたい資質・能力」の整理(各教科・各領域ごと)
     *「人権学習実施計画」の作成(各学年)

   (2)人権教育の視点に立った授業改善
     *「伝え合い」を大切にした学習環境づくり
       @話し方・聞き方の指導
       A学習形態の工夫
     *授業の実践記録の蓄積
     *研究授業・授業研究会の実施



穂積小学校トップページへ



小山こどもの森へ