中小学校の歩み
明治 6年 9月 協同館と称し、上泉円満寺を仮校舎として創立する。
                 (上泉、下泉、南小林、大川島、押切) 児童数70名
   13年 1月 押切が分離
   18年 7月 寒川群下河原田村成文学舎と合併し、南小林小学校と称する。
                 (下河原田、生駒、下高島、下初田が加わる)
   19年 3月 高島村「高島学校」と合併(上高島、下高島、下初田が加わる)
   20年 3月 南小林尋常小学校と改称する。  
   20年10月 新校舎落成  児童数323名
   23年 4月 下都賀郡中村立高等小学校を置く。
   25年 4月 下都賀郡中村立中尋常高等小学校と改称する。
   35年 9月 暴風雨のため全校舎倒壊、約一か月臨時休校する。
   35年11月 南小林の田波長三氏の土蔵を仮校舎として授業再開。
   42年 9月 新校舎、雨天体操場落成する。
大正11年     校歌成立
大正12年 3月 校旗樹立
大正13年12月 校舎増築。
昭和16年 4月 中村国民学校と改称する。
   22年 4月 中村立中小学校と改称する。
   25年 4月 栃木県立栃木農業高等学校定時制分校を開設する。
   30年 2月 豊田・中・穂積村合併し美田村となり、
                       美田村立中小学校と改称する。
   30年 3月 栃木県立栃木農業高等学校定時制分校廃止となる。
   34年10月 講堂新築落成
   35年 1月 海港50周年(明治42年の校舎落成から)記念式典挙行
   38年 3月 小山市・間々田町・美田村の合併により、
                       小山市立中小学校となる。
   40年 7月 プール竣工する。
   52年10月 校舎改築開始
   53年 2月 校旗新調
   53年 7月 校舎改築、新校舎(鉄筋3階建て)落成する。
   62年 3月 屋内運動場完成。落成記念式典挙行。
平成 3年 4月 県教委・市教委より
          「平成3・4年度同和教育に関する研究実践推進校に委嘱される。
    3年 7月 文部省より平成3年度同和教育推進研究指定校に指定される。
    4年11月 文部省指定同和教育公開研究発表会」実施
    6年 3月 プール循環濾過装置設置
    7年 4月 夜間防犯警備装置設置
    8年12月 講堂屋根全面改修・同壁面塗装
    9年 7月 コンピュータ機器(児童用・教師用)導入
    9年11月 公衆電話設置
   10年 3月 財団法人水泳連盟より、
            「平成9年度学童水泳優秀校」として、全国表彰される。
   12年 3月 「エノキ」を補修する。
   12年 4月 「個別指導学級」を設置する。
   13年 4月 社団法人農村整備センターより
                    田んぼの学校に企画賞を受賞し推進する。
   13年 9月 NHK全国学校音楽コンクール関東甲信越大会金賞受賞
   13年10月 NHK全国学校音楽コンクール全国コンクール出場(於 NHKホール)
   14年 3月 ほたるのビオトープ完成                         
   14年 9月 コンピュータ機器(児童用・教師用)新機種導入
   15年 9月 NHK全国学校音楽コンクール関東甲信越大会金賞受賞
   15年10月 NHK全国学校音楽コンクール全国コンクール銀賞受賞(於 NHKホール)
   19年 3月 下野教育美術展PTA連合会長賞受賞
   21年 5月 プール完成                             
   23年 7月 ほたるの会発足10周年記念式典
   23年11月 水辺のビオトープ改修
   24年 4月 美田中ブロック小中一貫教育研究始まる
   25年10月 校木「えのき」台風のため倒木 えのき苗木3本植樹
   26年 2月 空調設備設置完了
   26年 4月 特別支援学級(スマイル)配置
   26年10月 PC機器入替
   26年11月 学びの姿・指導要録電算化先行実施
   27年 2月 下野教育美術展学校賞(下野新聞社社長賞)受賞
   27年 2月 田んぼのビオトープ水車設置
   27年 4月 特別支援学級(ひまわり)配置
   28年 2月 下野教育美術展学校賞(栃木県美術教育振興会会長賞)受賞

はじめにもどる中小のページへもどる