中小学校インターネット活用のガイドライン

1 ガイドラインの趣旨
第1条  このガイドラインは、小山市立中小学校(以下 本校という)におけるインターネット利用に関し、必要な項目を定めるものとする。

2 利用の目的
第2条  インターネット利用は、本校の教育活動及び研究活動がより効果的に行われることを目的とする。

3 インターネット利用責任者

第3条  本校の定めるサーバー内にある、本校のホームページに掲載された情報の責任者は学校長である。
第4条  学校長はインターネット利用の適正を図るため,別に定める校内取扱い責任者を任命する。

4 インターネット利用者及び責務

第5条1 本校でインターネットを利用できるものは、所属職員、児童及び、学校長又は取扱い責任者が特に認めた者(以下利用者)とする。
第5条2 児童は、所属職員の管理のもとに利用する。
第5条3 利用者は、インターネット利用にあたり、次に掲げる事項を遵守しなければならない。
(1) 個人情報を取り扱う場合には、本ガイドラインに示された事項を守ること。
(2) インターネットを利用して、政治活動、宗教活動、商業活動及び違法行為をおこなわないこと。
(3) 他人の名誉及びプライバシーを損なうおそれのある情報は、掲載しないこと。
(4) 虚偽の情報や公序良俗に反する情報は掲載しないこと。
(5) 知的所有権の保護を図り、他の者が作成した著作物等を、その作成者の事前の承諾なく公開したり、第三者に提供したりしな いこと。
(6)授業の調べ学習でインターネットを利用する際は、授業者が事前に使用するサイトを確認し、有害な情報に児童がアクセスすることのないよう留意する。

5 個人情報の保護

第6条  インターネットに情報を発信する際には、児童の個人情報を保護しなければならない。
(1) 個人情報とは、その児童個人が特定できる情報(氏名、住所、電話番号、写真、所属、出席番号など)やその児童に関する情報(成績、身体的特徴、家庭環境、健康状態など)を指す。
(2) インターネットには、みだりに個人情報を発信してはならない。

(3) インターネットに個人が特定できる情報,或いは作品・作文等の知的所有物を発信する際には、児童本人、保護者及び学校長の承諾を得なければならない。その際、インターネットへ発信することの意義と共に発信に関わる危険性についても周知徹底を図ること。
(4) 氏名の掲載にあたっては,苗字と名前を併せて表記しないこと。
(5) 本人、保護者もしくは学校長から発信内容の訂正や取り消しの要請を受けた場合、速やかに発信内容を変更しなければならない。

(6) 個人或いは組織,団体から本校の発信内容に関する指摘を受けた場合は、速やかに校内で協議し、学校長の指示のもと適切な処置をとらなければならない。
(7) 個人情報を含むデータは、恒常的に外部のネットワークや第三者から閲覧できないようにすること。

6 リンク

第7条  本校のホームページに対する他からのリンクは,教育目的なものについては原則自由とする。また、著作権表示を明確にし、ページの複製等については、本校学校長の同 意の上認める旨をホームページ上に明記する。
第8条  本校のホームページから他のページへのリンクは、教育効果や研究活動を十分配慮し設定するものとする。有害情報等が含まれると判断されたページへのリンクは設定しない。

7 ガイドラインの変更

第9条  このガイドラインの変更は、全職員による協議と学校長の判断により、よりよいインターネット利用を目指して常に検討が加えられなければならない。
平成14年12月8日