岡田記念館

 岡田記念館は、江戸時代に巴波川を使って交易をしていた商人の家で、そこには昔の物がたくさんありました。たとえば、日本一古い自動はん売機や樹齢500年のきなどです。また、岡田記念館では岡田家の家の中にはいることができます。翁島(おきなじま)と呼ばれる別荘は最高の材木を使ったとても贅沢(ぜいたく)な建物で、一千万円もする一枚板のろうかを歩いたときは、その値段もさることながら、そのずっしりとした強さに驚きました。
 岡田家の家紋も見ました。岡田家専用のかし(船着き場)も見学しました。巴波川の歴史を知る上でも、大変勉強になりました。

     
                      巴波川ピカピカ班のページに戻る