塚田記念館
 塚田記念館では三味線ばあさんの演奏を聞いたり、おゆきさんの悲劇を見たりしました。三味線ばあさんの人形は、本物の人間かと見間違えてしまうほどよくできていて、となりにいたおじいさんと猫(タマ)は私たちの顔をじっと見つめていたので少し怖かったです。おゆきさんの悲劇では巴波川の歴史について様々なことがわかりました。みなさんもぜひ、塚田記念館に行ってみてください。

 なお、塚田記念館のとなりにある幸来橋(こうらいばし)で、巴波川の水質検査をしました。結果はNO
2が6.2(ppm)、pHが6.2となり、この場所の巴波川は汚いことがわかりました。
              
          巴波川ピカピカ班のページに戻る