教 育 課 程


年間授業時数

  国語 社会 数学 理科 英語 音楽 美術 保体 技家 道徳 学活 総合 総時数 
1年 140 105 140 105 140 45 45 105 70 35 35 50 1015
2年 140 105 105 140 140 35 35 105 70 35 35 70 1015 
3年 105 140 140 140 140 35 35 105 35 35 35 70 1015



編成上の特色

教育課程編成の方針

(1)学習指導要領の趣旨を十分に生かした、創意工夫ある教育課程の編成・実施及び改善・充実に努めていく。

(2)教職員の教育課程経営への参画意識を高め、全教職員が一丸となって教育課程の編成・実施とその評価・改善を図る

(3)「言語活動」は、学習指導要領において各教科等を貫く重要な視点であり、「言語」は、知的活動(論理や思考)だけではなく、コミュニケーションや感性・情緒の基盤でもあるため、「言語活動の充実」をより一層進める。

(4)生徒の社会性や、豊かな人間性、基礎的な体力や心身の健康、論理的思考力の基盤は、他者、社会、自然・環境の中での「体験活動」を通して培われることから「体験  活動の充実」をより一層進める。

(5)「わが校ならではの教育課程とは何か」について共通理解を図り、全教職員が一丸となって教育課程の編成・実施とその評価・改善に取り組む。

(6)教育課程経営の基盤となる1単位時間の授業の充実に向け、全校をあげて指導体制や指導方法の工夫・改善を図る。

(7)「心を育てる」という視点から、教科・道徳・特別活動等との関連を十分考慮し、指導計画等の改善を図る。

(8)小中学校が連携し9年間の学びをつなげることで、生徒の豊かな成長を目指し、「小山中学校区の特色を生かした教育活動」を推進していく。