事務手続き

○緊急時(災害・事件等)の対応について
1 緊急時の対応
 災害(震度5以上の大地震等)や事件(不審者侵入等)が発生した場合、児童の安心・安全の確保のために、保護者への児童引き渡しを確実に行います。ご協力をお願いいたします。

2 児童引き渡しの方法 
(1)緊急連絡網(連絡メール、電話)でご連絡いたします。
(大地震等が発生した場合、連絡が取れない場合も予想されます。そ の場合、保護者の判断で児童引き渡しにご協力ください。)
(2)校庭、体育館等で、児童は学年ごとに並んで待機しています。
(3)学校に来られた方は、担任のところに児童と一緒においでになり、児童との関係を知らせてから児童を引き受けてください。
(2名以上のお子さんがいらっしゃる場合は,下の学年のお子さんからお願いします。)

<震度5以上または家庭と連絡が取れない場合>
 原則、児童引き渡しを行います。また、保護者と児童との連絡が取れなくなる場合が想定されますので、各家庭におかれましては、保護者と児童との間での連絡方法や避難場所等について話し合っておいてください。また、児童だけで家にいる場合に大きな地震が発生した場合の対応についても話し合っておいてください。

1 登校前に震度5以上の地震が発生した場合
(1)自宅待機とする。
(2)余震等が続く状況や電話連絡等が不可能な状況の場合は、臨時休校とする。
(3)余震等が沈静化し、学校等に被害がないことが確認でき、電話連絡等が可能となった場合、緊急連絡(連絡メール、電話)により、学校から授業再開の連絡をする。児童は、必ず学校からの連絡を受けてから登校するようにする。

2 登校時・下校時に震度5以上の地震が発生した場合
(1)交通や建物やブロック塀等の危険箇所から離れるなど、周囲の状況を把握しながら安全な場所に移動する。
(2)沈静化後、学校または自宅の近いところに登下校班で安全に気を付けて避難する。
(3)自宅に近づくことができない場合、どこに避難するかについて、家庭で話し合っておく。事前に、繰り返し、お互いに確認しておく。
(4)余震等が沈静化し、学校等に被害がないことが確認でき、電話連絡等が可能となった場合、緊急連絡(連絡メール、電話)により、学校から授業再開の連絡をする。児童は、必ず学校からの連絡を受けてから登校するようにする。

3 学校において震度5以上の地震が発生した場合
(1)直ちに授業を中止し、安全な場所に避難させる。
(2)保護者への引き渡しを行い、児童だけの下校はしない。(緊急連絡)

緊急時の対応


欠席・遅刻・早退届
<学校を欠席する際の連絡方法の変更について(お願い)>(R3.5.31)

 コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、メールでの連絡とさせていただきます。お子様の健康と安全のため、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


欠席・遅刻・早退届

※感染性疾患(インフルエンザ等)における「意見書」・「登校届」の提出について
 2019年4月より、感染性疾患の種類に応じて、「意見書(医師が記入)」または「登校届(保護者が記入)」を保護者から学校に提出し登校する形になりました。「意見書」・「登校届」は、小山地区医師会会員の医療機関での発行となります。文書料は無料です。
 インフルエンザの出席停止期間は、「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで」です。インフルエンザと診断された場合は、登校する際に「意見書」が必要となります。医師より指示された出席停止期間を確認され、登校許可が出ましたら「意見書」に発行していただいてください。「意見書」は登校する日にお子様に持たせいただければ大丈夫です。



※児童が忌引き(お葬式)をとる場合の範囲と日数について

 3親等以内の親族のご不幸に際しては、欠席ではなく忌引きとなります。忌引きになる日数は下記のとおりです。なお、遠隔地での葬儀の場合、往復にかかる日数も加算して忌引き扱いとなりますので、担任までご相談ください。

 <児童の忌引き日数>
  ・1親等の直系尊属(父母) … 5日
  ・2親等の直系尊属と傍系者(兄弟姉妹、祖父母) … 3日
  ・3親等の傍系尊属(伯叔父母) … 1日
  ・その他(曾祖父母) … 1日



○留守番電話の導入について

 平成30年8月より、留守番電話を導入いたしました。詳しい内容は、下記の通知をご覧ください。ご理解とご協力をお願いいたします。

 留守番電話の導入



○入学の手続きについて
 4月に小・中学校に入学されるお子さんのいる家庭には、1月末までに教育委員会から「就学(入学)通知書」が送られてきますので、入学式に学校にお持ちください。通知書が届かない場合、国立や県立、私立学校、小山市外の学校へ入学する場合などには、小山市教育委員会学校教育課にご連絡ください。


○転出入の手続きについて
 転居等により住所が変わりますと通学する学校が変わります。その場合、下記手続きが必要です。

1 在学校に申し出て「在学証明書」・「教科書給与証明書」を受け取ってください。

2 市役所や出張所で転居や転入の手続き(住民票等)を行ってください。

3 教育委員会や出張所において上記の書類を確認後、「転入学許可証」を受け取ってください。

4 上記の書類を転校先の学校にお持ちください。

 なお、転校予定先がわかりましたら事前に予定の学校に連絡をし、少しずつ新しい学校生活への準備を進めるとよいでしょう。
 市外への転校もおよそ同じ手続きですが、詳しくは転出先の教育員会にお問い合わせください。

転出生徒原票



○児童の携行品について
 児童への身体面への負担を軽減するため、下記のとおり、一部の携行品を学校に置いておくことになりました。(置き勉)ご理解とご協力をお願いいたします。(平成30年10月)

(1)国語、算数の教科書や教材は、原則として持ち帰る。
(2)社会、理解(低学年は生活)の教科書や教材は、学年に応じて、持ち帰る。
(3)上記以外の教科(図工、音楽、保健、道徳、総合、英語等)は、学校に置いておく。
  (ただし、家庭学習やテキスト勉強等、家庭で使用する場合は除く。)
(4)体育着や楽器等は、学校に置いておく。


○上履き・体育館シューズの変更について
 令和2年12月7日付けの通知でご案内いたしました「上履き・体育館シューズ」については、下記のとおり変更いたしますので、ご協力をお願い申し上げます。

1 上履きについて
・全学年、白い上履き(白色のバレーシューズ)とします。
・現在履いている上履きを買い換える際には、白のバレーシューズをご購入ください。

2 体育館シューズについて
・体育館では、体育館シューズを使用せず、上履きを使用します。
・但し、体育等で体育館シューズを履きたい場合は、現在学校が指定しているシューズを使用してください。

3 移行期間 
・令和3年1月〜令和5年3月   
・来年度から2年間は移行期間といたします。期間中は、校内において色付きの上履き、又は、体育館シューズを使用しても結構です。


○冬用体操着の変更について

 平成29年4月11日付けの通知でご案内いたしました「新しい冬用体操着」が完成しました。デザインについては、男女統一したもので高学年で購入してもそのまま継続して着ることができるよう、また、小中一貫教育とも関連付けて小山第二中学校と同じものです。
 つきましては下記のとおり変更いたしますので、ご協力をお願い申し上げます。

1 変更する体操着
・冬用の長袖体操着(上・下)
(※半袖体操着(白)とハーフパンツ(紺)はこれまでどおりです。)

2 移行期間
・平成29年4月〜平成32年3月
・新体操着の販売は平成29年9月からになります。平成29年度を含めて3年間は移行期間といたしますので、新・旧どちらの体操着を着用しても結構です。

3 販売店
・つるみ文具店・つかひろ洋品店(本店・イトーヨーカ堂店)・スクールショップなかむら