わたしたちの学校を紹介します。

 わたしたちの学校を紹介します。  寒川小学校は、小山市の南西部を流れる巴波川のほとりにあります。水田が多く、農業にかかわっている人の多い地域です。
 米作のほか、日光イチゴ、たまねぎ、畜産などの多角的農業経営を行う専業農家と、農業は必要なときだけ行い、会社等に勤めている兼業農家とが大部分をしめています。
 昭和59年に寒川地区を通る新県道ができ、栃木市へはもちろん50号線やそのバイパスに直結するようになったため、市街地や工業団地等への交通の便がよくなり車の交通量が増加してきました。
 農業は、家族の一致協力により行われるため、児童の生活面のしつけも自然な形で行われています。また、豊かな人間関係や自然環境は、情操教育面にもよい影響を及ぼしています。
 平成12年度には、開校100年(開蒙舎創立127周年)を迎え、記念式典や、ひゃくねん公園の設立などの事業を行い、地域やPTAの協力を得て、大成功を収めました。また、平成15年度には、田んぼの学校開校にともない、校内に水田やビオトープも完成しました。平成16年度には、ビオトープに水車も設置されました。粉ひき装置が備えられ、米粉をつくことができます。


寒川小学校ホームへ