基本情報   (H30.4.1 更新)

 学校名 小山市立下生井小学校  学校長    上野 敏晴
 所在地 栃木県小山市大字下生井1546  学級数    6学級
 電 話   0280-55-0372
 FAX    0280-57-0644
 
 児童数    30名
 創 立    明治6年

校長あいさつ

 4月に着任した上野敏晴です。世界の宝である「渡良瀬遊水地」に最も近く、歴史と伝統のある下生井小学校に勤務できることを、とても嬉しく思っております。
 「子どもを愛し、育む教師」「子どもが愛され、安心して成長できる学校」を全教職員と共にめざします。
 そして、「子どもを大切にし、温かく見守る家庭と地域」の皆様と、大切なお子さんのより良い成長を願って、手を携えて進んで参りたいと思います。前任の原校長先生同様、地域とともにある学校づくりに積極的に取組みます。
 どうぞよろしくお願いいたします。
                              平成30年4月  
 
教育目標

自ら学ぶ かしこい子

心あたたかく ゆたかな子

元気あふれる たくましい子


学校の沿革

 明治 6年  扶桑館という名前で学校が誕生する。 
  35年 4月  生井村立下生井尋常小学校となる。 
 昭和 16年 4月  生井村立下生井国民学校となる。 
  16年 7月 大洪水により北側の仮校舎が壊れて流される。 
  22年 4月  生井村立下生井小学校となる。 
  22年 9月  大洪水のため校舎本館が壊れて流される。 
  30年 4月  間々田町立下生井小学校となる。 
  38年 4月  小山市立下生井小学校となる。 
  49年11月  学校ができてから100周年を迎える。 
  61年 3月  新しい校舎ができる。 
平成   4年 1月  交通安全優秀校で表彰される。(5年連続) 
  10年  杏の里ふれあい活動を進める。
  11年  アグリメイトクラブ活動の協力校となる。 
  12年  総合的な学習と関連させた杏の里ふれあい活動を進める。 
  13年  教育委員会と連携してミニパック宿泊体験学習を実施する。 
  15年  WindowsXP・校内LAN完備する。
  16年  創立130周年記念秋季大運動会・かわせみ祭の実施する。 
  17年  杏の里ふれあい活動推進(10年間)を進める。
英語科研究推進校(英語特区)となる。 
  19年  とちぎ地産地消夢大賞コンクールにて奨励賞を受賞する。 
  20年  緊急通報システム導入・校務兼用パソコン導入(13台) 
  21年 5月
    9月 
小規模化対策事業として放課後教室開催(あんずっ子きらきらタイム)
コンピュータ(Windows Vista、校内LAN)完備 
  22年 4月  小山市教育委員会より小中一貫教育推進研究モデル校委託
小規模特認校開始
  23年 3月  下野教育美術展,団体賞受賞 
  24年11月  小山市学校体験農園写真コンクール最優秀賞受賞 
  24年  太陽光発電設備設置 
  25年 7月  栃木県自然保護奨励賞受賞 
  26年 5月  野生生物保護功労者環境大臣賞受賞 
  28年 3月  とちぎ元気キッズ学校奨励賞受賞 
  29年 3月 とちぎ元気キッズ学校奨励賞受賞 
  30年 7月 式根島児童交流体験学習の実施 


トップページへ