小学校の開校

 明治5年(1872年)、学制が公布され、満6歳以上の男女がすべて小学校教育を受ける
ことが定められたため、全国各地に小学校がつくられるようになりました。
 明治6年(1873年)には、下生井小学校の前身にあたる「扶桑館」が下生井に開校しま
した。また、同じ頃、白鳥に「白鳥学校」、上生井に「浩然学舎」がそれぞれ開校しました
が、明治19年(1886年)に、「扶桑館」に合併されました。
 その後、「扶桑館」は、町村制施行後の明治35年(1902年)に生井村立下生井尋常
小学校となりました。

明治40年ころの下生井尋常小学校
(現在の櫻源寺境内にありました)